熱エネルギー構築システム

HOME > 製品紹介 > 熱エネルギー構築システム

熱エネルギー構築システム

再生可能な自然エネルギーと工場の排熱利用システムを組み合わせ地域エネルギーを一体化させたシステムを設計、プロデュースします。
写真はシステムをイメージした模型や中国の地域で構築されたシステムをモニタリングしているパネルの様子です。

農業での実証実用化の事例

 

太陽エネルギー(光)と熱(PVT)+ 空気熱源 + 電蓄積エネルギーから温水を供給する

1.1PVTの温水ヒートポンプモデル

 

  1. 赤太線は冷却材のパイプで、青太線は水道管で、細い線は電線です。
  2. 太陽光の熱源とPVTの熱源は集熱蒸発機に集めて、温めお湯を水タンクで保存します;太陽熱温度が低い時、空気の熱交換器とヒートポンプのにてお湯をタンク中で保存します。
  3. PVTモジュールの発電にてバッテリーを充電して電気を蓄えます。

1.3PVTは温めるモデルに集まります

 

  1. 青太線は水道管で、赤、黒の細い線は電線です。
  2. PVTと水タンクの間の温度差を利用して温水を作ります。
    温度差が6℃より大きい時に、循環ポンプをスタートさせ集熱を行います。温度差が3℃より小さい時は、循環ポンプは停止し、ヒートポンプで加熱します。
  3. PVTモジュールの発電で、バッテリーを充電します。

ガス(重油)ボイラー + 余熱を回収します

 

  1. 青太い線は燃焼を助ける為の空気パイプで、赤太線は排気マフラーです。
  2. ボイラーが運行する時、排気ガスは高温で熱交換器を通り、熱量を冷却し、インティークに戻し燃焼を助けます。一部は排気します。

冬季農業暖房に使用する熱の回収と使用

  1. 赤太線は冷却材のパイプで、青太線は水道管で、細い線は電線です。
  2. 太陽光の熱源とPVTの熱源は集熱蒸発機に集めて、温めお湯を水タンクで保存します;太陽熱温度が低い時、空気の熱交換器とヒートポンプのにてお湯をタンク中で保存します、農業用暖房装置としてビニールハウスへ供給します。
  3. PVTモジュールの発電にてバッテリーを充電して電気を蓄えます。
  1. 青太線は水道管で、赤、黒の細い線は電線です。
  2. PVTと水タンクの間の温度差を利用して温水を作ります。
  3. 温度差が6℃より大きい時に、循環ポンプをスタートさせ集熱を行います。温度差が3℃より小さい時は、循環ポンプは停止し、ヒートポンプで加熱します。農業用暖房装置としてビニールハウスへ供給します。
  4. PVTモジュールの発電で、バッテリーを充電します。
  1. 青太い線は燃焼を助ける為の空気パイプで、赤太線は排気マフラーです。
  2. ボイラーが運行する時、排気ガスは高温で熱交換器を通り、熱量を冷却し、インティークに戻し燃焼を助けます。一部は排気します。
    ボイラーお湯は農業用暖房装置としてビニールハウスへ供給します。
2021年10月現在36万平方メートルを運用中。各地の農業生産担当局から視察依頼が殺到中。

製品に関するご相談・ご質問

製品に関してのご相談・ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
詳しい説明をご希望の場合、担当者が訪問またはオンラインにてご説明いたします。

ピユアエナジーマーケティング株式会社

TEL. 0948-22-5555 

受付時間 平日 9:00〜18:00